解決新聞



半側発汗を利用した汗を止める方法

多汗症によって学校や仕事といった場所で人前に立つだけで緊張して、顔から汗が噴き出てしまうという人は、その汗を止める方法を知っておくのがいいでしょう。
手のひらや脇の汗ならば、ジェルタイプの制汗剤や塩化アルミニウムなどを塗布することで、事前に対応しておくことが可能ですが、それが顔だとそうはいきません。

まぶたや唇などの粘膜質があるため、塩化アルミニウムなどが入った制汗剤を使用することができないのです。
そこで顔汗を止める方法として、皮膚圧反射による半側発汗というものを知っておくと便利なのです。

この半側発汗というのは、体の圧迫された部分の汗は出にくくなり、その反対側に汗をかくというものです。
この作用を利用して、胸の上あたりを圧迫すれば顔の発汗が止められるというわけです。

その時には半側発汗によって体の下の部分で汗をかいている状態になります。
同じように脇の下あたりを圧迫すると、顔を含めた上半身全般にわたる発汗を抑えることができるのです。




Aカップでもバストアップする方法はたくさんあります

Aカップでも努力をすれば、今よりもバストアップする事が可能です。いろんな種類の方法がありますので自分の出来る範囲で頑張ってみませんか?

バストアップブラなどもよく見かけます。着けるだけである程度の効果が期待できます。
胸を大きくするためのマッサージなどもありますが、やりすぎたり間違った方法だとかえって胸の脂肪が燃焼してしまい胸が小さくなってしまいます。
マッサージをするなら、その周辺に逃げてしまったお肉を集めるような感じでするほうがいいかもしれません。

その他にサプリメントなどもあります。女性ホルモンによってバストアップを狙います。プエラリアやブラックホシュなどが有名です。

またツボを刺激するのもいいかもしれません。ダンチュウとよばれるツボは、胸の真ん中あたりにあり、女性ホルモンの働きを活発にします。テンケイというツボは脇にあります。高さで言うとちょうど左右の乳首のあたりです。これは乳腺を発達させるといいます。




手汗の悩みで病院に行くなら

手汗は日常的な体の症状の一部と思われがちですが、あまりにも異常な発汗がある場合は、様々な原因による体の不調である可能性が多いのです。
手汗の原因としては、自律神経失調症や多汗症と呼ばれる病気がよく知られていますが、それ以外にも例えば糖尿病や甲状腺機能亢進症などの病気の可能性もあります。
こういったことをきちんと確かめるためにも、病院での診察は必要です。
また、手汗のレベルにも幅があります。
比較的軽いものから、日常生活に大きな支障をきたしてしまうほどの重いものがあります。
重症の場合、できるだけ早く改善させるために手術という方法を取る人もいます。
どんな状態で、どんな治療をしたら一番良いのか、自分で勝手に判断することは危険なので、医師に相談することが大切です診察を受ける科はそれぞれ人によって違ってきますが、例えば多汗症のための専門の外来を設けている病院もあります。
できれば病院の心療内容や口コミを、インターネットなどで積極的に調べてみることをおすすめします。




豊胸のためにするホルモン注射とは?

胸を大きくしたいからといってホルモン注射を望む人がいるようですがこの方法はいろいろと問題がありそうです。

女性の中にはもともと女性ホルモンがあります。
豊胸のために女性ホルモンを注射するのがいいと考えるのは
ちょっと危険です。
なぜなら女性ホルモンは規定量というものがあるからです。
それ以上が体内に入るとリスクを伴います。
必要以上に摂取するのは体に良くないようです。
例えば乳がんや子宮がんといった危険がでてきます。

しかし、極端に女性ホルモンの少ない人や閉経前などではこうした処置をおこない女性らしさを保つ事もあるようです。
また、男性の中にもニューハーフと呼ばれる人などは
女性ホルモンを注射する事で自然なバストを手に入れる事ができるようですが、肝臓への負担があるため注意しなければなりません。

どちらにしろホルモン注射で豊胸を考えるのは、普通の女性の場合は特に病院でも止められる可能性がありなかなか難しいのではないでしょうか。




多汗症の治療としての汗を止める注射について

多汗症でどうにかして汗を止めたいと、塩化アルミニウムをはじめとする制汗剤を試している人も多いでしょう。
けれどもそういった外用剤の効果は個人差があったり、肌が荒れてしまったりといったリスクも付きものです。

それに使用をやめてしまえば、また汗が出てくるだけなので、多汗症が治ったというわけではないのです。
とにかく多汗症を治したいのだと考えている人は、汗を止める注射であるボトックス注射について知っておくのもいいかもしれません。

このボトックス注射は、しわを伸ばしたりといった美容整形で使われている注射ですが、打つ場所によって汗を抑えてくれる効果もあるのです。
脇汗やワキガの治療に良く使われており、筋肉の働きを抑制することで汗腺から出る汗の量を抑えてくれるのです。

手術ではなく注射を打つだけなので、気軽に受けることができて時間もかかりません。
1回の注射で効果も半年から1年ほど持続するので、その間は汗の心配をほとんどしなくてすむようになるのです。




自分で出来る手汗の対策

手汗の悩みを持った時、とりあえず自分で出来る対策をご紹介します。
まずは、手汗を拭きとることのできるハンカチなどを常に用意しておくことです。
ハンカチの中にも吸水性が優れていないものがありますから、綿やタオルのハンカチなど、素材を選ぶことも必要でしょう。
また、多い手汗の場合、ハンカチもあっという間に湿ってしまうことがあります。
長時間外出する際などは、数枚以上携帯するようにしましょう。
また、汗を拭きとるだけでなく、こまめに手を洗って清潔にすることも大切です。
制汗クリームやミョウバン水を使用する方法もあります。
これも一度使ったからといって一日中効果があるわけではありませんが、出来る限りこまめに対応することによって、ある程度手汗を止めることができ、手が濡れた状態を解消できます。
ハンカチ同様、携帯すると便利です。
それから、なるべく精神的にリラックスするように心がけましょう。
なぜなら手汗は精神が緊張した状態に出やすくなるからです。
音楽を聴いたり、アロマオイルを使ったり、気分をゆったりさせるような工夫をしてみましょう。




ダイエットで胸だけを残す事は可能?

ダイエットをする時、とりあえず体重計の数字をみて安心してしまいます。でも具体的にどこが痩せたとかよくわからない事が多いですね。

女性の胸はほとんどが脂肪でできています。痩せる時、まずその脂肪から燃焼するので胸などの脂肪のあるところから痩せてしまいます。

医学的にいうと、胸だけをそのまま残すというのはかなり無理があるようです。ですから、そこだけ残すというのではなく、痩せてもバストの形が崩れないようにする方法を考えるのも大切です。

ダイエットによって筋力まで落ちるとバストを支えるものがなくなるため、下にたれる事があります。
それでは不格好になってしまうので、ダイエットともに筋力を鍛えるなどしましょう。

また若い人たちの間では1度太ってから痩せるという方法を試す人もいるようです。
確かにバストは脂肪ですから一時的に大きくなりますが、筋力の問題から支えきれず、形は崩れます。
そこから痩せたとしても、美しくなれるかどうか保障もありません。




緊張などによる多汗症状の治療法

緊張やストレスなどを感じた時に汗をかく精神性のものは、運動などによる場合と違い、エクリン腺とよばれる場所から分泌される現象です。
このストレスや精神性のものは、人によって出る量に違いがあります。
とにかく多量の汗が出てしまうという人は、局所性のタイプだという可能性を疑ったほうがいいでしょう。

その治療法としては、塩化アルミニウムの塗布のほか、精神療法なども考えられますが、手術による治療法というものも存在しています。
交感神経を切除する手術によって、とくに手のひらに多量にかく場合などには大きな効果があります。
手術まではしたくないという人には、ボトックス注射や星状神経節ブロック療法などもあります。

ボトックス注射は、前述の交感神経の働きを抑えることで分泌量を減少させる効果があり、
星状神経節ブロック療法も局所麻酔によって交換神経をブロックするものです。
病院で受けられる治療としては、イオントフォレーシス療法もあります。

これは微弱電流を気になっている箇所に流すことで汗の生成を抑制するもので、定期的な通院が必要になるのです。




手汗は多汗症?

汗は体温調節などをする働きがあり、人間にとってとても大切なものですが、必要範囲を超えて異常な量の汗が出る症状を多汗症といいます。
手汗が気になる人の中にも多汗症であるケースは多く、多汗症の患者さんの中で、80%は手汗に悩む人だということです。
「手に汗を握る」という言葉通り、緊張やストレスを感じた時に手が汗ばむのは普通よくあることです。
しかしその汗が手から流れ落ちるほど大量だったり、常に手が汗で湿っていたり、季節に関係なく寒い時にも汗をかいているような場合、多汗症の可能性があります。
多汗症には種類があり、発汗異常が全身にある場合、全身性多汗症といいます。
また、手のひら、足の裏、頭、脇の下など、局所にある場合は局所性多汗症といい、特に手に限定される場合は、手掌多汗症になります。
一口に多汗症といっても、このような種類によって原因や治療の方法は違いますし、それぞれの人の症状やレベルによっても異なってきます。
病院に行ってきちんとした診断を受け、自分に合った対処法を見つけることが大切です。




顔の汗を抑える方法

汗っかきの人は、汗をかく量を減らそうと水分を控えたりしますが、実は摂取する水分を減らしても汗の量は変わらないのです。
身体が普通の状態であるならば、飲むことで摂取した水分は尿となって体の外に出るからです。

それに緊張などによる精神的な発汗は、運動などでかく汗とは別のものなので、水分の量は関係がないのです。
それでは汗を抑える方法はないのでしょうか。

考えられる方法は、塩化アルミニウムなどの制剤汗を塗ること、微弱電流によるイオントフォレーシスをすること、それにボトックス注射です。
これらの処置によって効果があるのは手のひらや脇の下といった箇所になります。
顔の汗を抑えるにはまた別の方法がいいでしょう。

簡単にできるのは、首の後ろを風邪の熱を冷ますシートなどで冷やすことや、脇の下に氷嚢やジュースなど冷たいものをはさむといった方法があります。
他にも体の皮膚圧反射を利用したやり方もあるので、顔の汗を抑える方法を自分でいろいろと試してみるのがいいでしょう。




ピックアップ