解決新聞



胸の形を理想通りに整えるにはどうすればいいの?

バストを大きくするためにいろんな努力をしますが、それだけでなく形もまた重要なのではないでしょうか。年齢とともにバストは変化していきます。

自分の理想とする胸の形をイメージして、それに近づけるように形を整えるマッサージをしてみましょう。
まず、両手をバストの下の方からそっと添えてみましょう。それから自分の理想の形を思い浮かべ、優しく包み込むようにして形を整えてみてください。下から上に向かってイメージしながらするのが大切です。

続いて、バストの外側から内側に向かっても同じように優しく形を整える感じで、マッサージしてみてください。あくまで形を整える事が目的ですので、力を入れないで優しくです。

また体操もあります。
肩甲骨の下に椅子の背がくるように座ります。この時、首や両手は力を抜きます。
背もたれにもたれかかるように体を反って、肩の筋肉をのばしましょう。すごく簡単なので、気分転換などにしてみてはどうでしょうか。




脇からの汗を塩化アルミニウムで止める

脇や手のひらなどの多汗症には塩化アルミニウムなどの外用制汗剤が有効です。
顔などの粘膜質のある場所を除いては全身に使用できるのも特徴の一つです。
その作用は、汗腺に直接作用することで汗が出るのを抑える働きがあり、脇の下などに塗っておくとワキ汗がにじみ出るのを抑えてくれます。

塩化アルミニウム液という形で購入することもできますし、オドレミンやテノール液といった商品のように含有成分として活用することができます。
いずれにしても、自分の肌に合わせて濃度を薄めたりできるので安心して使うことができます。

使用するときに注意したいのは、脇の下を清潔な状態にしてから塗布することです。
ワキ毛などの処理もしておいたほうがいいでしょう。

あまり伸びていると雑菌が繁殖して嫌なにおいの原因となったりします。
キレイに洗って、しっかり乾燥させてから肌に直接すり込むようにして、それからまた乾燥させるようにしましょう。
そのやり方を毎日に続けていくのが大切なのです。




豊胸とレントゲンについて不安に思う事

豊胸のための手術を受けて気になるのが、レントゲン検査ではないでしょうか?
自分の希望をかなえたものの、その後の事でいろいろおこってきます。

レントゲンには異物などは映ってしまいます。
体の中の異常を映し出すものなので当然かもしれませんね。
逆に、映らない方が怖いのでは?
生理食塩水などのバッグをいれた場合は仕方ありません。
医療関係者ならすぐにわかるようです。
でもだからと言って言いふらすような事はありませんよ。
守秘義務がありますから大丈夫です。

自分の脂肪注入などで豊胸をしたのなら、レントゲンにはうつらないでしょう。
何故なら、自分の一部分をそこにいれただけなので、異物ではありません。
ですから、豊胸手術をしたからといってすべてが明らかになるとは限りません。異物だからうつるのです。

それにしても、その事にこだわりすぎて肝心の検査を受けず、病気を見逃すような事があってはよくありません。
自分にとって何が大切なのか考えてみてくださいね。




白髪はやっぱり遺伝する事が多い?

白髪は遺伝する事が多いと言われていますね。また脱毛や薄毛もまたその要素が高いとのことです。
しかしはっきりとした事はまだわかっていません。心配なら、自分の家族の毛髪など少し注意してみるといいでしょう。
今はまだその心配がなくても、もしかしたら将来その可能性があるかもしれません。白髪ができるのはメラニン色素が関係していますが、遺伝するというのはその働きの部分のようです。髪の色をつくる部分に関しておこっているという事ですね。
また家族に白い髪の人が多いからといって、あまり悲観的になってはいけません。たとえそうだとしても、今はいろいろな面でそれをサポートする事ができます。日ごろから改善法などに関心を持っておくのもいいでしょう。
その他に体調管理などに気を使うのも大切です。体に負担がかかるとそれだけ異常がおこりやすくなってしまいます。
自分の体質を理解したなら、これからどうするべきなのか前向きに考えたいですね。




手汗を治す手術

手汗を一時的に抑えるのではなく、根本から改善したいという人にとっては、手術が1つの選択肢になります。
手術を行えば、永久的に過剰な手汗を抑える効果も期待できます。
どんな手術があるのかご紹介しましょう。
最近手汗のために行われている手術のほとんどは、胸部交感神経遮断手術というものです。
交感神経の働きが高まることによって手汗が出るので、その元となる神経を遮断するという方法です。
手汗の場合は脇の下の皮膚を2〜4ミリ切り、細い内視鏡を挿入し、電気メスで交感神経を切除します。
手術時間は短く、傷口の縫合の必要もないので、ほとんどの場合日帰りすることも可能です。
ただ、この手術には副作用の可能性があることが知られています。
1つは代償性発汗というもので、手術によって手汗が解消される一方、背中や下半身など、他の部位から過剰な発汗をするようになるという症状です。
また他には、手汗をかかなくなったことにより、手のひらが乾燥してひび割れるなどの副作用もあります。
手術を受けてみたい人はこういったことも含め、病院の医師と相談し、よく検討する必要があります。




塩化アルミニウムの害についての誤解

多汗症に悩んでいて、塩化アルミニウムを試してみようと考えている人で、使用することで生じる副作用や害について知りたいという人もいるはずです。
たしかに、人によってはかぶれやかゆみといった症状が出る場合もあります。

これは使用している商品の濃度なども関係してくるので、自分で希釈して濃度を調節するといった対応ができるでしょう。
もちろんそれでも症状が出てしまうのならば、使用をやめたほうがいいでしょう。

他にもインターネットなどで、塩化アルミニウムの害について調べてみると、アルミニウムが脳に蓄積されることによって認知症を引き起こすといった記述を見たという人もいるはずです。

実際にアルミニウムイオンの飲用を続けると認知症になりやすいといった研究結果があるそうですが、外用剤などで皮膚からアルミニウムイオンが吸収されることはほとんどないそうです。

ですから、塩化アルミニウムの制汗剤を使用していることで認知症になる危険も、ほぼないと考えていいでしょう。




手汗を抑える無料対策

手汗をなんとかしたいが、例えば病院での治療などはお金がかかることが多いものです。
手術を受けたり、長期的に通院する場合もありますし、ボトックス注射など、保険の適用外で高額になるものもあります。
費用を出すことができないという人には、とりあえず無料対策がおすすめです。
どんなものがあるかというと、例えばつぼ押しです。
手汗を抑えるのに効果があるつぼが体のあちこちにあるので、自分の指で押さえたりマッサージすることができます。
それから、手汗によく関わっていると言われるのが自律神経失調症なのですが、これも自分で予防していく方法があります。
例えば、規則正しい生活を毎日送ることです。
夜更かしをしたり、食事を抜いたり、生活のリズムが乱れることによって自律神経失調症になってしまう人は多いと言われます。
睡眠や食事に気をつけ、ストレスを上手に解消し、物事をポジティブに考え、健康な生活を送れるよう心がけます。
これは自律神経失調症を防ぐだけなく、精神を安定させるためにも大切なことです。
手汗を改善するために、まずは出来ることから始めましょう。




汗を抑えるツボを活用する

緊張して手のひらからの汗が止まらない時などに、その汗を抑えるツボを知っておくと便利です。
手掌多汗症で悩んでいる人などは少し緊張しただけ汗が出てきてしまい、大事な資料がぬれてしまったり、デートの相手と手をつなぐのもためらってしまうといったこともあるでしょう。

いちいちハンカチを出して拭っても、またすぐに汗が出てくるという人は、手のひらの労宮というツボを押さえてみましょう。
こぶしを握ったときに中指があたる場所が労宮です。
その部分を反対の手の親指などで揉みほぐすことで、手のひらの汗を止めることができるのです。

また脇の下、胸の端の部分にも汗を抑えるツボがあります。
この部分もやはり指を使って指圧するように押してあげることで汗を抑える働きがあるのです。

他にも小指の脇をマッサージするといった方法もあります。
指の先には神経が密集しているので、指ごとにマッサージの作用が違うとも言われています。
一緒に他の指などをマッサージすることでリラックスもできるので試してみてください。




豊胸で柔らかい胸を手に入れるには

より柔らかいバストを手に入れる為にはどうすればいいのでしょうか?

豊胸のためにする手術ではバッグを体内に挿入しますが、そのバッグの中身が胸の柔らかさに影響してくるようです。
一般的には生理食塩水とコヒーシブシリコンがあります。

生理食塩水は血液と同じ濃度ですから万が一バッグが破れて中身が漏れ出しても大丈夫です。
柔らかさは、中に入れる量によって調節できます。

それに比べ、コヒーシブシリコンはシリコンをゼリー状にしたものですが、シリコン自体が体にとって有害なものですので生理食塩水と比べると少し危険があります。
しかし、ゼリー状にしてあるため体内に流れ出る危険も少なく、安全といわれています。バッグ自体も性能が良くなっているためそれほど恐れる事はないでしょう。
柔らかいという点では後者のコヒーシブシリコンの方が上ではないでしょうか。

またバッグを挿入する時、狭いスペースに押しこまれると硬いバストになるので、そこにも気をつけたいです。




手汗の対処法

手汗に対する対処法は様々なものがありますが、大きく2つに分けられるでしょう。
1つはすでに出てしまった手汗に対して、何らかの処理を行い、日常生活をできるだけ過ごしやすくするための対処法です。
手汗が出たらこまめに手を洗う、常にハンカチなどを用意しておき、こまめに拭く、制汗クリームを塗るといったような行動がこれに当たります。
そしてもう1つは、手汗を抑えるための対処法です。
病院に行けば、手汗の量や症状によっては手術などによる治療を行う場合もありますし、手汗の原因となる病気を探り、薬物やカウンセリングで治療する場合もあります。
また、病院に行かずにどうにかしたいという人には、イオンフォレーシスという微量な電流を利用した療法、漢方薬、つぼ押しなどの方法があります。
こういったものを1つ、あるいは複数試してみるのは良いかもしれませんが、一番大切なことは、自分に合った方法を知ることです。
中には高額な費用や副作用を伴うものもあるので、適切な選択が必要です。




ピックアップ