解決新聞



白髪は抜くと増えるのでそのままほっておくほうがいい?

白髪を発見するとついつい抜きたくなりますね。思わず抜いてしまった事はありませんか?
しかしそれについてはいろいろな事が言われていますね。白髪を抜くと増えるというのもよく聞く話です。
それにしても本当にそうなのでしょうか?白髪のできる原因などから考えると、その事について医学的な根拠はありません。
白髪を抜いたからといって、本数が急に増えるなどといった事はないでしょう。しかし抜くという事は髪にとってはよくないですね。それによって周囲の正常な毛根までも傷がつく可能性があります。
髪は一つの毛穴から数本が一緒に生えていますので、白髪である1本を抜くと他にもダメージが及ぶわけです。そうなると正常な毛髪の成長が望めなくなります。とても細いものになってしまったりしますので、結果として薄毛のような状態になってしまいます。
白髪は抜くと増えるというのは、そうした薄毛の状態になる事からくるちょっとした勘違いの可能性があるでしょう。




白髪染めとおしゃれ染めの違いを理解してから始めましょう

同じ髪を染めるにしても、白髪染めとおしゃれ染めでは違いがあります。注意しましょう。
白髪染めは白くなった毛髪を染めるものです。それに比べおしゃれ染めは、もともと色のついた髪を染めるものです。
髪を染めるならどちらでもいいというわけではありません。それぞれ対象が違いますから、自分が何を必要としているのかよく考えてから購入しましょう。
白髪染めは比較的しっかりと色がつきます。染める力がとても強いですね。白髪だけでなく、その他の黒髪も同時に染める事が可能です。
おしゃれ染めの場合は、白髪を対象として作られてはいません。もとから色がついた状態です。ですから染料自体はそれほどしっかりとはつかないでしょう。色のバリエーションは豊富ですが、白髪を染めたいという場合には不向きかもしれませんね。思ったように色がつかない場合があるでしょう。
白髪を少し見えにくくしたいという程度なら、おしゃれ染めでも対応できそうです。
最終的に自分がどんな風になりたいか、イメージしておくことが大切です。




白髪を抜くサービスを上手に利用しましょう

白髪はとても気になるものです。本数が少なければ自分で抜くという事もできるでしょう。
根気があれば10本くらいは可能でしょうか?また抜くときは指ではとても難しいでしょう。なかなか力が入りませんから、ピンセットなどを利用するといいでしょう。ピンセットもキチンとしたものでないとなかなか大変です。
自分で白髪を抜くというのは意外と大変な作業なのです。特にたくさんある髪の毛の中から白い1本をよりわけるのには、時間がかかります。短気な人にとっては苦痛でしかないでしょう。家族がいる場合は手伝ってもらうのもいいでしょう。
最近は白髪を抜く事をサービスとして行っているお店があるようです。これはとてもいいサービスなのではないでしょうか?
日ごろ自分でやろうとして苦労していた人にとっては、嬉しい限りです。白髪の本数が少ないうちは、定期的に利用する事で十分対応できるのではないでしょうか?一人で抱え込まず、上手にサービスを利用してみましょう。




健康被害を及ぼす危険性のある白髪染め

髪の毛はどんどんと伸びてくるものなので、白髪染めは一度きりではなく続けて使用する事が多いのではないでしょうか。
根元から白い部分が毎日少しずつのびてきますので、定期的に染める作業が必要になりますね。白髪染めにも色々なものがありますが、ものによっては健康被害などが報告されているようです。
髪を染めるだけなのにと思うかもしれませんが、その危険性などについて知った上で使用した方がいいでしょう。
使われている成分の中には体に害を及ぼすものもあるようです。使用する前には必ずパッチテストなどを行うようにしましょう。使い始めてからアレルギーなどをおこすと大変です。白髪を染めるどころではなくなってしまいます。また、何回も使い続けているうちに、その成分が体の中に蓄積されるという事も考えられます。特に発がん性の疑いのあるものがその成分として使用されている場合があります。自分がどのような白髪染めを使用しているのか、しっかりと把握する必要があるでしょう。
何年か過ぎたころに健康被害があらわれるなど、できれば避けたいものです。




白髪はやっぱり遺伝する事が多い?

白髪は遺伝する事が多いと言われていますね。また脱毛や薄毛もまたその要素が高いとのことです。
しかしはっきりとした事はまだわかっていません。心配なら、自分の家族の毛髪など少し注意してみるといいでしょう。
今はまだその心配がなくても、もしかしたら将来その可能性があるかもしれません。白髪ができるのはメラニン色素が関係していますが、遺伝するというのはその働きの部分のようです。髪の色をつくる部分に関しておこっているという事ですね。
また家族に白い髪の人が多いからといって、あまり悲観的になってはいけません。たとえそうだとしても、今はいろいろな面でそれをサポートする事ができます。日ごろから改善法などに関心を持っておくのもいいでしょう。
その他に体調管理などに気を使うのも大切です。体に負担がかかるとそれだけ異常がおこりやすくなってしまいます。
自分の体質を理解したなら、これからどうするべきなのか前向きに考えたいですね。




ピックアップ