解決新聞



漢方薬による手汗の治療

手汗に効くといわれる漢方薬は、色々あります。
漢方医学なので、西洋医学とはとらえ方が違ってきます。
手汗そのものに目を向けた治療というよりは、手汗の原因になっている背景に重点を置き、自律神経のアンバランスやストレスなど、その人の弱っている部分を整えて、全身の健康を取り戻すための薬が処方されます。
手汗に効果的な薬は、例えば女神散という薬ですが、これは自律神経失調などの改善に用いられます。
柴胡桂枝乾姜湯という薬は、虚弱体質で上半身に汗をかく人に適します。
いずれの漢方薬も、手汗に悩む人すべてに同じように効くというわけではありません。
それぞれの人の体質や体調に合わせたものを慎重に選ぶことが大切です。
漢方薬を試してみたい場合は、漢方薬局などに行き、専門の医師や薬剤師に相談をして、自分に一番合った漢方薬を処方してもらうのがおすすめです。
また、漢方薬による効果はすぐに出ないことが多いので、長い時間をかけて治療を続ける心構えも必要です。




手汗を治す手術

手汗を一時的に抑えるのではなく、根本から改善したいという人にとっては、手術が1つの選択肢になります。
手術を行えば、永久的に過剰な手汗を抑える効果も期待できます。
どんな手術があるのかご紹介しましょう。
最近手汗のために行われている手術のほとんどは、胸部交感神経遮断手術というものです。
交感神経の働きが高まることによって手汗が出るので、その元となる神経を遮断するという方法です。
手汗の場合は脇の下の皮膚を2〜4ミリ切り、細い内視鏡を挿入し、電気メスで交感神経を切除します。
手術時間は短く、傷口の縫合の必要もないので、ほとんどの場合日帰りすることも可能です。
ただ、この手術には副作用の可能性があることが知られています。
1つは代償性発汗というもので、手術によって手汗が解消される一方、背中や下半身など、他の部位から過剰な発汗をするようになるという症状です。
また他には、手汗をかかなくなったことにより、手のひらが乾燥してひび割れるなどの副作用もあります。
手術を受けてみたい人はこういったことも含め、病院の医師と相談し、よく検討する必要があります。




手汗を抑える無料対策

手汗をなんとかしたいが、例えば病院での治療などはお金がかかることが多いものです。
手術を受けたり、長期的に通院する場合もありますし、ボトックス注射など、保険の適用外で高額になるものもあります。
費用を出すことができないという人には、とりあえず無料対策がおすすめです。
どんなものがあるかというと、例えばつぼ押しです。
手汗を抑えるのに効果があるつぼが体のあちこちにあるので、自分の指で押さえたりマッサージすることができます。
それから、手汗によく関わっていると言われるのが自律神経失調症なのですが、これも自分で予防していく方法があります。
例えば、規則正しい生活を毎日送ることです。
夜更かしをしたり、食事を抜いたり、生活のリズムが乱れることによって自律神経失調症になってしまう人は多いと言われます。
睡眠や食事に気をつけ、ストレスを上手に解消し、物事をポジティブに考え、健康な生活を送れるよう心がけます。
これは自律神経失調症を防ぐだけなく、精神を安定させるためにも大切なことです。
手汗を改善するために、まずは出来ることから始めましょう。




手汗の対処法

手汗に対する対処法は様々なものがありますが、大きく2つに分けられるでしょう。
1つはすでに出てしまった手汗に対して、何らかの処理を行い、日常生活をできるだけ過ごしやすくするための対処法です。
手汗が出たらこまめに手を洗う、常にハンカチなどを用意しておき、こまめに拭く、制汗クリームを塗るといったような行動がこれに当たります。
そしてもう1つは、手汗を抑えるための対処法です。
病院に行けば、手汗の量や症状によっては手術などによる治療を行う場合もありますし、手汗の原因となる病気を探り、薬物やカウンセリングで治療する場合もあります。
また、病院に行かずにどうにかしたいという人には、イオンフォレーシスという微量な電流を利用した療法、漢方薬、つぼ押しなどの方法があります。
こういったものを1つ、あるいは複数試してみるのは良いかもしれませんが、一番大切なことは、自分に合った方法を知ることです。
中には高額な費用や副作用を伴うものもあるので、適切な選択が必要です。




手汗の悩みで病院に行くなら

手汗は日常的な体の症状の一部と思われがちですが、あまりにも異常な発汗がある場合は、様々な原因による体の不調である可能性が多いのです。
手汗の原因としては、自律神経失調症や多汗症と呼ばれる病気がよく知られていますが、それ以外にも例えば糖尿病や甲状腺機能亢進症などの病気の可能性もあります。
こういったことをきちんと確かめるためにも、病院での診察は必要です。
また、手汗のレベルにも幅があります。
比較的軽いものから、日常生活に大きな支障をきたしてしまうほどの重いものがあります。
重症の場合、できるだけ早く改善させるために手術という方法を取る人もいます。
どんな状態で、どんな治療をしたら一番良いのか、自分で勝手に判断することは危険なので、医師に相談することが大切です診察を受ける科はそれぞれ人によって違ってきますが、例えば多汗症のための専門の外来を設けている病院もあります。
できれば病院の心療内容や口コミを、インターネットなどで積極的に調べてみることをおすすめします。




自分で出来る手汗の対策

手汗の悩みを持った時、とりあえず自分で出来る対策をご紹介します。
まずは、手汗を拭きとることのできるハンカチなどを常に用意しておくことです。
ハンカチの中にも吸水性が優れていないものがありますから、綿やタオルのハンカチなど、素材を選ぶことも必要でしょう。
また、多い手汗の場合、ハンカチもあっという間に湿ってしまうことがあります。
長時間外出する際などは、数枚以上携帯するようにしましょう。
また、汗を拭きとるだけでなく、こまめに手を洗って清潔にすることも大切です。
制汗クリームやミョウバン水を使用する方法もあります。
これも一度使ったからといって一日中効果があるわけではありませんが、出来る限りこまめに対応することによって、ある程度手汗を止めることができ、手が濡れた状態を解消できます。
ハンカチ同様、携帯すると便利です。
それから、なるべく精神的にリラックスするように心がけましょう。
なぜなら手汗は精神が緊張した状態に出やすくなるからです。
音楽を聴いたり、アロマオイルを使ったり、気分をゆったりさせるような工夫をしてみましょう。




手汗は多汗症?

汗は体温調節などをする働きがあり、人間にとってとても大切なものですが、必要範囲を超えて異常な量の汗が出る症状を多汗症といいます。
手汗が気になる人の中にも多汗症であるケースは多く、多汗症の患者さんの中で、80%は手汗に悩む人だということです。
「手に汗を握る」という言葉通り、緊張やストレスを感じた時に手が汗ばむのは普通よくあることです。
しかしその汗が手から流れ落ちるほど大量だったり、常に手が汗で湿っていたり、季節に関係なく寒い時にも汗をかいているような場合、多汗症の可能性があります。
多汗症には種類があり、発汗異常が全身にある場合、全身性多汗症といいます。
また、手のひら、足の裏、頭、脇の下など、局所にある場合は局所性多汗症といい、特に手に限定される場合は、手掌多汗症になります。
一口に多汗症といっても、このような種類によって原因や治療の方法は違いますし、それぞれの人の症状やレベルによっても異なってきます。
病院に行ってきちんとした診断を受け、自分に合った対処法を見つけることが大切です。




手掌足蹠多汗症とは

手汗や足汗は、量が多ければそれにともなった様々なトラブルも起こりやすく、気になってストレスになる人は少なくありません。
多汗症の中でも、特に手のひらや足裏から異常な発汗があるものを、手掌足蹠多汗症といいます。
手掌足蹠多汗症の特徴としては、まず幼少期や思春期の頃から発症し、自分で汗が多いことを認識するケースが多いということです。
また、手のひらに発汗がある場合には、足裏も同様に発汗する症状が見られます。
原因は精神的なものが多いとされていますが、何らかの病気が背景になっている可能性もあり、一概には断定できません。
手掌足蹠多汗症は局所性多汗症の一部で、手や足の他にも頭や脇の下など、人によって発汗異常の部位はそれぞれです。
病院で治療を行う場合は、部位によって治療法も異なってきます。
汗の量のレベルは色々あるので、軽い場合は必ずしも病院に行く必要はありませんが、もし多汗症ではないかと疑っているのであれば、専門の医師の診察を受けましょう。




手汗を改善するには

手汗の悩みは、例えば生命の危険に冒されるような病気のように、一般的に重く扱われているものとは違いますが、本人にとっては常に気になる問題ですし、大きなストレスを伴います。
また、人に知られると恥ずかしいという気持ちがあるので、誰にも相談せず、自分だけで悩み、苦しんでいるという人は多いでしょう。
そうして心理的に辛くなることが、益々手汗を悪化させている可能性もあります。
まずは、手汗を少しでも改善させようという意思を持ち、できることから始めてみましょう。
手汗は病気ではなく、生まれつきの体質だからとあきらめている人もいるかもしれません。
しかし人によって違いはありますが、手汗には何らかの原因があり、それを把握することでおのずと対処法も見えてきます。
まずは信頼できる病院に行って相談することが1つの方法です。
自分で情報を集めることもできますが、中には不確実なものもあるので注意が必要です。
やみくもに飛びつくのではなく、正しい知識を得て行動することが改善への近道となります。




手汗の解消法

手汗の解消法には様々なものがありますが、いくつかに分類することができます。
1つは自分の手汗の原因となっている原因を探り、その原因そのものへの対策を立てながら治療する方法です。
例えば手汗の原因になっていることが多いと言われる精神的な緊張や、自律神経失調症を改善するため、病院の精神科や心療内科などでカウンセリングなどの治療を受けるのはこれにあたるでしょう。
次に、身体になんらかの施術を行い、手汗の症状を抑える方法です。
これは例えば、手術によって汗腺を支配する神経を遮断させたり、ボトックス注射を打ったりして、手汗の分泌を抑える方法などがあります。
そしてもう1つ、手汗の根本的な解決にはなりませんが、制汗クリームやミョウバンなどを使い、手が汗で濡れてしまう状態やそれにともなう不快感を緩和させる対策も、手汗の悩みの解消法といえるでしょう。
手汗の量や深刻さの具合などによって、取るべき対策も違ってきます。
長期的な治療を続け、少しずつでも改善させるよう努力することは大切ですし、手汗のために日常生活に大きな支障が出てしまう場合は、できるだけ早く解消できるような措置を取ることも必要です。




ピックアップ