解決新聞



ダイエットだけでは元に戻せないぽっこりおなかの幼児体型

幼児体型になるには様々な理由があるようです。
骨盤の歪みも一つといわれています。

おなかのポッコリを無くそうとダイエットしても効果がでないのは、これが原因かもしれません。
幼児体型は骨盤が前に傾くことで起こるといわれています。
骨盤が前傾してしまうと、腰がそれに対して反りかえり、お腹が前にでてしまいます。

元に戻すには様々な方法が考えられますが、まず、骨盤を支える筋肉を鍛えてみましょう。

骨盤底筋を強くする簡単な体操をしてみましょう。
まず息を吸いながらお尻を引き締めます。5秒ほど我慢して、息を吐きながら緩めます。
手軽なのでどこでもできます。思いついたらやってみてください。

また腹筋を鍛えるエクササイズも有効です。
まず仰向けに寝ます。そして息を吸いながら両方の足をまっすぐ上にあげましょう。
そこから上げた足をゆっくりと下におろします。でも床にはつけないで、しばらく我慢です。
そして床につけて終わりです。これを何回かしてみましょう。




豊胸手術における失敗例から分かる事

せっかく豊胸手術を受けても、残念ながら失敗してしまう事があります。

失敗例としては、まず手術の合併症です。
これはバッグを挿入した事でおこります。異物にたいして体が反応してしまうカプセル拘縮です。
だんだんと胸が硬くなってしまいます。

またせっかく挿入したバッグの位置が変わってくることもあります。本来の位置から外れ、だんだん上や下へ移動したりします。それが片方だけの場合は、左右が違う形となるため、更に異常な感じとなってしまいます。

またリップリングという物もあります。これは中に入れたバックが波打つように浮き出る事で、皮下脂肪の少ない女性などによく見られるようです。また生理食塩水で多いとのことです。

その他に、バッグが破れてしまう事もあります。現在は安全性などかなりうるさくなりましたが、それでも破れて中身が漏れ出てペコペコしたり、ひどい時にはぺしゃんこになる事もあります。異常を感じたらすぐに病院に行くなどして処置をしましょう。




豊胸手術でのリスクは事前に理解しておきましょう

豊胸手術にはその方法によって様々ですが、リスクがあります。

バッグを挿入するやり方の場合のリスクは、体内に異物をいれることで生じるものです。
本来人間の体には異物が入ってきた場合皮膜をつくり体を守ろうとします。これを拘縮といいますがカプセル拘縮というものがあります。
皮膜が収縮し、バッグをしめつけるという事が起こります。これにより胸の形が変形したり、硬くなったりしてしまいます。

また脂肪注入は異物ではありませんが、注入した脂肪が石灰化してしまい、乳がんと区別がつきにくくなったりする事です。また、しこりになる事もあるようです。

その他にこの手術に限らず傷口からの細菌感染や血種ができる事もあります。また周辺にしびれ等が出る事もありますが、時間とともに消えていくので、それほど心配はいらなさそうです。
いずれにせよ、多少のリスクはありますので手術の前にしっかりと医師の話を聞いておくとよいでしょう。他人任せにせず自分でも調べておきましょう。




年齢とともにあらわれる体型の変化

若い時は気にならなかった体型。少しくらい食べ過ぎても不摂生をしても影響はなかったのではないでしょうか。しかし、年齢を重ねるうちにそうもいかなくなります。

久しぶりに鏡を見て驚いた事などないでしょうか。
体重に変わりがないので安心していたら、いつの間にか体のラインが崩れていたなどよくある話です。

だいたい35歳を過ぎたあたりから、徐々に体形の変化を感じる人が多いようです。
全体の筋肉も減り、またダイエットなどの影響もあって体のいたるところのお肉が下にひっぱられます。
例えば、胸のたるみや、下半身に向かって肉がつき始めるなどです。

その他にも若い時に比べて脂肪の付き方が変化します。
同じ食生活を送っていたのでは太ってしまうので、食生活の見直しなどした方がよさそうです。
新陳代謝の違いなどから、今まで燃焼できていたものが脂肪として蓄積されたりするわけです。

年齢とともに自分に合った生活を送ることが、体型を維持する方法なのかもしれません。




将来母乳で育てるなら豊胸手術では注意が必要です

豊胸手術を行う場合で気をつけたいのは、その後出産をしてから母乳で育てるかどうか、という事です。
赤ちゃんにとってはもちろん母乳で育てた方がいいのですから、これから出産を予定しているという人はよく考えましょう。
それによっては手術の方法を考えなくてはいけません。慎重にいきましょう。

豊胸バッグの挿入の仕方には注意が必要です。
一番安全なのは脇の下から切開して挿入する方法です。これなら乳輪を傷つけないし、乳房組織も守られます。

乳輪を傷つける方法は授乳する時に困難が生じます。赤ちゃんは母乳を飲むとき、当然ですが母親の乳首からもらいます。赤ちゃんが吸いつくとそれと同時に神経を伝って脳に母乳をつくり外へだす命令が出されるのです。しかし、手術で傷がつくとその命令が届かない可能性がでてきます。したがって、母乳がでなくなったりする事になります。
ですから、そのつもりがあるなら意思を伝えた上で安全な手術を受ける方がいいでしょう。




胸の形を理想通りに整えるにはどうすればいいの?

バストを大きくするためにいろんな努力をしますが、それだけでなく形もまた重要なのではないでしょうか。年齢とともにバストは変化していきます。

自分の理想とする胸の形をイメージして、それに近づけるように形を整えるマッサージをしてみましょう。
まず、両手をバストの下の方からそっと添えてみましょう。それから自分の理想の形を思い浮かべ、優しく包み込むようにして形を整えてみてください。下から上に向かってイメージしながらするのが大切です。

続いて、バストの外側から内側に向かっても同じように優しく形を整える感じで、マッサージしてみてください。あくまで形を整える事が目的ですので、力を入れないで優しくです。

また体操もあります。
肩甲骨の下に椅子の背がくるように座ります。この時、首や両手は力を抜きます。
背もたれにもたれかかるように体を反って、肩の筋肉をのばしましょう。すごく簡単なので、気分転換などにしてみてはどうでしょうか。




豊胸とレントゲンについて不安に思う事

豊胸のための手術を受けて気になるのが、レントゲン検査ではないでしょうか?
自分の希望をかなえたものの、その後の事でいろいろおこってきます。

レントゲンには異物などは映ってしまいます。
体の中の異常を映し出すものなので当然かもしれませんね。
逆に、映らない方が怖いのでは?
生理食塩水などのバッグをいれた場合は仕方ありません。
医療関係者ならすぐにわかるようです。
でもだからと言って言いふらすような事はありませんよ。
守秘義務がありますから大丈夫です。

自分の脂肪注入などで豊胸をしたのなら、レントゲンにはうつらないでしょう。
何故なら、自分の一部分をそこにいれただけなので、異物ではありません。
ですから、豊胸手術をしたからといってすべてが明らかになるとは限りません。異物だからうつるのです。

それにしても、その事にこだわりすぎて肝心の検査を受けず、病気を見逃すような事があってはよくありません。
自分にとって何が大切なのか考えてみてくださいね。




豊胸で柔らかい胸を手に入れるには

より柔らかいバストを手に入れる為にはどうすればいいのでしょうか?

豊胸のためにする手術ではバッグを体内に挿入しますが、そのバッグの中身が胸の柔らかさに影響してくるようです。
一般的には生理食塩水とコヒーシブシリコンがあります。

生理食塩水は血液と同じ濃度ですから万が一バッグが破れて中身が漏れ出しても大丈夫です。
柔らかさは、中に入れる量によって調節できます。

それに比べ、コヒーシブシリコンはシリコンをゼリー状にしたものですが、シリコン自体が体にとって有害なものですので生理食塩水と比べると少し危険があります。
しかし、ゼリー状にしてあるため体内に流れ出る危険も少なく、安全といわれています。バッグ自体も性能が良くなっているためそれほど恐れる事はないでしょう。
柔らかいという点では後者のコヒーシブシリコンの方が上ではないでしょうか。

またバッグを挿入する時、狭いスペースに押しこまれると硬いバストになるので、そこにも気をつけたいです。




Aカップでもバストアップする方法はたくさんあります

Aカップでも努力をすれば、今よりもバストアップする事が可能です。いろんな種類の方法がありますので自分の出来る範囲で頑張ってみませんか?

バストアップブラなどもよく見かけます。着けるだけである程度の効果が期待できます。
胸を大きくするためのマッサージなどもありますが、やりすぎたり間違った方法だとかえって胸の脂肪が燃焼してしまい胸が小さくなってしまいます。
マッサージをするなら、その周辺に逃げてしまったお肉を集めるような感じでするほうがいいかもしれません。

その他にサプリメントなどもあります。女性ホルモンによってバストアップを狙います。プエラリアやブラックホシュなどが有名です。

またツボを刺激するのもいいかもしれません。ダンチュウとよばれるツボは、胸の真ん中あたりにあり、女性ホルモンの働きを活発にします。テンケイというツボは脇にあります。高さで言うとちょうど左右の乳首のあたりです。これは乳腺を発達させるといいます。




豊胸のためにするホルモン注射とは?

胸を大きくしたいからといってホルモン注射を望む人がいるようですがこの方法はいろいろと問題がありそうです。

女性の中にはもともと女性ホルモンがあります。
豊胸のために女性ホルモンを注射するのがいいと考えるのは
ちょっと危険です。
なぜなら女性ホルモンは規定量というものがあるからです。
それ以上が体内に入るとリスクを伴います。
必要以上に摂取するのは体に良くないようです。
例えば乳がんや子宮がんといった危険がでてきます。

しかし、極端に女性ホルモンの少ない人や閉経前などではこうした処置をおこない女性らしさを保つ事もあるようです。
また、男性の中にもニューハーフと呼ばれる人などは
女性ホルモンを注射する事で自然なバストを手に入れる事ができるようですが、肝臓への負担があるため注意しなければなりません。

どちらにしろホルモン注射で豊胸を考えるのは、普通の女性の場合は特に病院でも止められる可能性がありなかなか難しいのではないでしょうか。




ピックアップ