解決新聞



手汗を治す手術

手汗を一時的に抑えるのではなく、根本から改善したいという人にとっては、手術が1つの選択肢になります。
手術を行えば、永久的に過剰な手汗を抑える効果も期待できます。
どんな手術があるのかご紹介しましょう。
最近手汗のために行われている手術のほとんどは、胸部交感神経遮断手術というものです。
交感神経の働きが高まることによって手汗が出るので、その元となる神経を遮断するという方法です。
手汗の場合は脇の下の皮膚を2〜4ミリ切り、細い内視鏡を挿入し、電気メスで交感神経を切除します。
手術時間は短く、傷口の縫合の必要もないので、ほとんどの場合日帰りすることも可能です。
ただ、この手術には副作用の可能性があることが知られています。
1つは代償性発汗というもので、手術によって手汗が解消される一方、背中や下半身など、他の部位から過剰な発汗をするようになるという症状です。
また他には、手汗をかかなくなったことにより、手のひらが乾燥してひび割れるなどの副作用もあります。
手術を受けてみたい人はこういったことも含め、病院の医師と相談し、よく検討する必要があります。






ピックアップ