解決新聞



手汗と雨の日の関係

いつも手汗がひどいけれど、雨の日にはなぜか手汗が少ないと感じている人は多いです。
その理由は、気圧と自律神経の関係にあります。
手汗が多くなる原因として交感神経が活発になることがあるのですが、雨の日は気圧が下がることにより、交感神経の働きが落ち着くのです。
逆に冬など、気圧の高い時は交感神経が活発になるので手汗の量が増えてしまいます。
手汗は精神的なことが原因になることもありますが、このように自然現象にも大きく関わっています。
こういったことを知っていれば、いつまた急に手汗が増えるだろうかという不安が少しは解消されるかもしれません。
手汗が出やすい天候は避けられないので、そんな時はとりあえずそれに備え、何らかの対策を準備すると良いでしょう。
ただ、こういった現象はすべての人に当てはまるわけではなく、個人差があります。
どういった時に汗が増減するのか、自分の体質の特徴を知り、より効果的な対処法を見つけましょう。


コメントはまだありません so far
Leave a comment



コメントする
Line and paragraph breaks automatic, e-mail address never displayed, HTML allowed: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

(必須)

(必須)




ピックアップ