解決新聞



ミョウバンを使った手汗対策

数ある手汗の対処法の中で、比較的安全なものにミョウバンがあります。
ミョウバンとは、麺や漬物などに使用されている食品添加物で、臭いや汗に効くと言われています。
皮膚や血液に対して収れん作用があるので、汗が抑えられるのです。
使い方は、まずミョウバン水を作ります。
ドラッグストアやスーパーで焼きミョウバンを購入したら、ペットボトルなどに入れた1.5リットルの水を用意します。
焼きミョウバン50グラムをその中に入れ、振って溶かします。
涼しい場所で2〜3日置くと原液ができあがります。
、これを20〜50倍に薄めて使います。
スプレー容器などに入れて持ち歩けば、いつでも汗が気になった時にサッと手にかけることができます。
効果は人によって様々ですが、このミョウバンの良さは、なんといっても値段が安く、家庭で出来ることです。
副作用に関しても、食品に使われているぐらいですので、問題が起きにくいといえます。
自分で簡単にできますので、まずは試してみると良いかもしれません。






ピックアップ