解決新聞



汗っかきの悩みと肥満の関係

気温が高いときや運動をしたとき、人間の身体は体温を調節するために汗をかきます。
このときに通常よりも多く汗をかきやすい体質の人がいます。
汗っかきは肥満の人に多く見られます。

なぜ太っている人が汗をかきやすいのかというと、脂肪が多いため身体の体温が上がっても熱が体外に放出されにくく、体温を下げるにはたくさんの汗が必要となるからです。
汗はもともと、気化熱によって熱を下げるための物です。体温調節のためにたくさんかいてしまうということなんですね。
贅肉の多い人に暑がりの人が多いのはこのためです。

また、肥満の人は食事誘導性熱代謝もさかんなため、食事中にも汗をたくさんかきます。
痩せて標準的な体格になれば、汗の出やすい体質も治ることも多いようです。

ただし、特に太っていない人でも汗をかきやすいことがあります。
この場合は普段から運動をよくしている人、もともと代謝がいい体質の人です。
運動を普段からすることで筋肉や汗腺も鍛えられますので、少し体温が上がっただけでも人よりも多く汗をかくようになります。






ピックアップ