解決新聞



多汗症の様々な原因

多汗症の原因には様々なものが考えられています。

手、足、脇の下などの局所性多汗症の場合、原因の1つが精神的なものです。
緊張、ストレス、不安を感じると、自律神経の1つである交感神経の働きが活発になることにより、汗が出ます。
緊張などを引き起こしやすい理由としては、人が元々持っている性格もあるので、この精神性発汗に関しては、遺伝も原因の1つとして考えられています。

また、交感神経の活発化には、自律神経のバランスが崩れる自律神経失調症が疑われることもあります。
自律神経のアンバランスの理由として、ホルモンバランスがあります。
脳の視床下部に異常があると、ホルモンバランスが崩れ、自律神経のバランスも崩れてしまいます。

また、女性は更年期にホルモンバランスが崩れるので、更年期障害によっても多汗症は起こります。

全身性多汗症の多くは、内分泌異常、代謝異常、循環器異常、中枢神経系の異常など、色々な疾患が原因になることがあります。

味覚性多汗症の場合は、辛いものなどを食べることなどで引き起こされ、汗を気にするストレスによって悪化するようです。






ピックアップ