解決新聞



ダイエットだけでは元に戻せないぽっこりおなかの幼児体型

幼児体型になるには様々な理由があるようです。
骨盤の歪みも一つといわれています。

おなかのポッコリを無くそうとダイエットしても効果がでないのは、これが原因かもしれません。
幼児体型は骨盤が前に傾くことで起こるといわれています。
骨盤が前傾してしまうと、腰がそれに対して反りかえり、お腹が前にでてしまいます。

元に戻すには様々な方法が考えられますが、まず、骨盤を支える筋肉を鍛えてみましょう。

骨盤底筋を強くする簡単な体操をしてみましょう。
まず息を吸いながらお尻を引き締めます。5秒ほど我慢して、息を吐きながら緩めます。
手軽なのでどこでもできます。思いついたらやってみてください。

また腹筋を鍛えるエクササイズも有効です。
まず仰向けに寝ます。そして息を吸いながら両方の足をまっすぐ上にあげましょう。
そこから上げた足をゆっくりと下におろします。でも床にはつけないで、しばらく我慢です。
そして床につけて終わりです。これを何回かしてみましょう。






ピックアップ