解決新聞



豊胸手術における失敗例から分かる事

せっかく豊胸手術を受けても、残念ながら失敗してしまう事があります。

失敗例としては、まず手術の合併症です。
これはバッグを挿入した事でおこります。異物にたいして体が反応してしまうカプセル拘縮です。
だんだんと胸が硬くなってしまいます。

またせっかく挿入したバッグの位置が変わってくることもあります。本来の位置から外れ、だんだん上や下へ移動したりします。それが片方だけの場合は、左右が違う形となるため、更に異常な感じとなってしまいます。

またリップリングという物もあります。これは中に入れたバックが波打つように浮き出る事で、皮下脂肪の少ない女性などによく見られるようです。また生理食塩水で多いとのことです。

その他に、バッグが破れてしまう事もあります。現在は安全性などかなりうるさくなりましたが、それでも破れて中身が漏れ出てペコペコしたり、ひどい時にはぺしゃんこになる事もあります。異常を感じたらすぐに病院に行くなどして処置をしましょう。






ピックアップ