解決新聞



将来母乳で育てるなら豊胸手術では注意が必要です

豊胸手術を行う場合で気をつけたいのは、その後出産をしてから母乳で育てるかどうか、という事です。
赤ちゃんにとってはもちろん母乳で育てた方がいいのですから、これから出産を予定しているという人はよく考えましょう。
それによっては手術の方法を考えなくてはいけません。慎重にいきましょう。

豊胸バッグの挿入の仕方には注意が必要です。
一番安全なのは脇の下から切開して挿入する方法です。これなら乳輪を傷つけないし、乳房組織も守られます。

乳輪を傷つける方法は授乳する時に困難が生じます。赤ちゃんは母乳を飲むとき、当然ですが母親の乳首からもらいます。赤ちゃんが吸いつくとそれと同時に神経を伝って脳に母乳をつくり外へだす命令が出されるのです。しかし、手術で傷がつくとその命令が届かない可能性がでてきます。したがって、母乳がでなくなったりする事になります。
ですから、そのつもりがあるなら意思を伝えた上で安全な手術を受ける方がいいでしょう。






ピックアップ