解決新聞



汗を抑えるツボを活用する

緊張して手のひらからの汗が止まらない時などに、その汗を抑えるツボを知っておくと便利です。
手掌多汗症で悩んでいる人などは少し緊張しただけ汗が出てきてしまい、大事な資料がぬれてしまったり、デートの相手と手をつなぐのもためらってしまうといったこともあるでしょう。

いちいちハンカチを出して拭っても、またすぐに汗が出てくるという人は、手のひらの労宮というツボを押さえてみましょう。
こぶしを握ったときに中指があたる場所が労宮です。
その部分を反対の手の親指などで揉みほぐすことで、手のひらの汗を止めることができるのです。

また脇の下、胸の端の部分にも汗を抑えるツボがあります。
この部分もやはり指を使って指圧するように押してあげることで汗を抑える働きがあるのです。

他にも小指の脇をマッサージするといった方法もあります。
指の先には神経が密集しているので、指ごとにマッサージの作用が違うとも言われています。
一緒に他の指などをマッサージすることでリラックスもできるので試してみてください。






ピックアップ