解決新聞



多汗症の治療としての汗を止める注射について

多汗症でどうにかして汗を止めたいと、塩化アルミニウムをはじめとする制汗剤を試している人も多いでしょう。
けれどもそういった外用剤の効果は個人差があったり、肌が荒れてしまったりといったリスクも付きものです。

それに使用をやめてしまえば、また汗が出てくるだけなので、多汗症が治ったというわけではないのです。
とにかく多汗症を治したいのだと考えている人は、汗を止める注射であるボトックス注射について知っておくのもいいかもしれません。

このボトックス注射は、しわを伸ばしたりといった美容整形で使われている注射ですが、打つ場所によって汗を抑えてくれる効果もあるのです。
脇汗やワキガの治療に良く使われており、筋肉の働きを抑制することで汗腺から出る汗の量を抑えてくれるのです。

手術ではなく注射を打つだけなので、気軽に受けることができて時間もかかりません。
1回の注射で効果も半年から1年ほど持続するので、その間は汗の心配をほとんどしなくてすむようになるのです。






ピックアップ