解決新聞



緊張などによる多汗症状の治療法

緊張やストレスなどを感じた時に汗をかく精神性のものは、運動などによる場合と違い、エクリン腺とよばれる場所から分泌される現象です。
このストレスや精神性のものは、人によって出る量に違いがあります。
とにかく多量の汗が出てしまうという人は、局所性のタイプだという可能性を疑ったほうがいいでしょう。

その治療法としては、塩化アルミニウムの塗布のほか、精神療法なども考えられますが、手術による治療法というものも存在しています。
交感神経を切除する手術によって、とくに手のひらに多量にかく場合などには大きな効果があります。
手術まではしたくないという人には、ボトックス注射や星状神経節ブロック療法などもあります。

ボトックス注射は、前述の交感神経の働きを抑えることで分泌量を減少させる効果があり、
星状神経節ブロック療法も局所麻酔によって交換神経をブロックするものです。
病院で受けられる治療としては、イオントフォレーシス療法もあります。

これは微弱電流を気になっている箇所に流すことで汗の生成を抑制するもので、定期的な通院が必要になるのです。






ピックアップ