解決新聞



汗を抑える食べ物について

人は食べることで栄養やエネルギーを摂取するので、その結果として代謝が促されて熱を放出して発汗します。
ですから、食べれば汗をかくのが当然であって、食事をすることは汗をかくことなのです。

しかし、多汗症の人などは始終汗を流しながらの食事で大変です。
夏場などはとくにそうですが、汗が気になるならば、やはり辛いものや熱いものといった刺激の強い食べ物は避けたほうがいいでしょう。

他にも食生活のバランスがくずれると、脇汗などの不快な臭いの原因になるので注意が必要です。
それではもっと効果の期待できる、汗を抑える食べ物というものはあるのでしょうか。

まったく汗を止めてしまうということではなくて、汗が出にくい食べ物というのが存在します。
それは、黒豆などに代表される豆類です。

豆類に含まれているイソフラボンが汗を抑える働きをしてくれるのです。
他にも体の熱を抑えてくれる小麦や、漢方などにも使われるオウギなども多汗の症状に効果があるとされる食材です。






ピックアップ